カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

カテゴリー

アーカイブ

スポンサードリンク

2018年02月01日のつぶやき


0
    10:38
    RT @jagarikin: 中高生「離散フーリエ変換なんて人生で何の役に立つんだよw」 拙者「円を回転させるだけでヤツを描画できるぞよ」 https://t.co/MCaH2LO6oZ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    2018年01月31日のつぶやき


    0
      21:27
      皆既月食見たいけど曇っててがっかり
      22:13
      曇ってるせいか皆既月食のせいか全然月が見えない
      23:34
      【Minecraft】荒れ果てた大地が広がるMODパック-Regrowthやってみた Part1 https://t.co/zNu7LSFlhx #jugem_blog
      23:35
      RT @suno88: 殺伐としたデスクトップにブラッドムーンとブルームーンが!! https://t.co/vKQdXgrC7R
      23:40
      そろそろツイッターのヘッダー画像でも用意しようかな?
      このエントリーをはてなブックマークに追加

      【Minecraft】荒れ果てた大地が広がるMODパック-Regrowthやってみた Part1


      0

        Twitterでは長期休暇にやると言ってましたが我慢できなかったので早速やってみました。

         

        プレイするMODパックは「Regrowth」です。

        下記からダウンロードするか、FTBのサードパーティにデフォルトであります。

        https://minecraft.curseforge.com/projects/regrowth-an-hqm-pack

         

        荒れ果てた大地に緑を蘇らせるということをコンセプトとした大型MODパックです。

        構成としては農業+魔法をメインとしていて工業系も少し入ってます。

        難易度は中級者向け(最低限NEIさえ使いこなせれば問題ないくらい)

         

        農業と魔法の組み合わせのMODをやったことなかったので楽しみです。

         

         

        では開始しましょう。

         

        一面、荒野ですね。

         

        では、「クエストブック」を開いて、

        なんか書いてあります。読み飛ばして…

         

         

        クエスト画面です。

         

        まずは木材等の材料集めですね。

         

         

        材料が集まったら、クエストの報酬(リンゴ)をゲットです。

         

        集まった材料を使って、ツールを作ります。

        そして、報酬ゲット!

         

        順調順調!

        ツールを使って、木材集めと拠点づくりをします。

        拠点は地下のします。地上では、モンスターがバニラよりかなり危険なので、

        地下に篭ります。

         

         

        そして、パパっと作業台とかもろもろ作って

        仮拠点完成です!

         

         

        では、農業を始めたいので、外に出て種等を集め、地下では石と土を集めます。

         

         

        そして、畑作業開始です。

         

        これで、食糧も確保できるようになり飢えることがなくなりました。

        なんかこの調子なら、緑地化も早い気がしてきました。

         

        とりあえず、今日はここまで。

        この後、「地獄の交配作業」があることを知ることとなります。

         

        では(^_^)/~

        このエントリーをはてなブックマークに追加

        2018年01月30日のつぶやき


        0
          18:13
          ヤフオクで詐欺みたいな商品が出品されてたから敢えて入札してみる
          18:14
          ブログのネタとしては美味しいかも
          23:14
          【SQLite3】データベースを簡単に構築する方法 https://t.co/9JcMhMALyj #jugem_blog
          23:15
          ふ〜、意外と長くなった
          23:17
          ブログって短く書こうとしたら長くなって、 長く書こうとしたら短くなるんだけど、 これどうすればいいんだろうか?
          23:26
          フリック入力のほうが難しいと思うんだけどなぁ / 他108コメント https://t.co/yoNPHRNmcs “就活、卒論の“敵”はPC スマホ世代「ローマ字変換に頭使う」 (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース” https://t.co/3Z7dLzziOV
          23:32
          フリック入力がどうしてもスムーズに出来なかったので、 ATOKのフラワータッチ入力をずっと使い続けてます。
          このエントリーをはてなブックマークに追加

          【SQLite3】データベースを簡単に構築する方法


          0

            自分用に、SQLite3を使ったデータベースの構築方法を書いていく。

            Node.jsで多用することになるからね…

             

            そもそもデータベースってなにか?

             

            Wikipediaによると

            データベース(英: database, DB)とは、検索や蓄積が容易にできるよう整理された情報の集まり。 通常はコンピュータによって実現されたものを指すが、紙の住所録などをデータベースと呼ぶ場合もある。

            これだけ見るとよくわからない。

             

            分かりやすくかつ詳しく言うなら「たくさんの情報を保存し、必要に応じてその中の情報を取り出すことを目的としたもの」といったほうがいいかな?

             

            それでも分からない?

             

            なら「”データ”という人が沢山入れる収容所」と思ってください。

            そこから必要な人材を取捨選択していくみたいな…

             

            データベースは「SQL」対応かそうでないか、それと「サーバー型」か「ローカル型」かというのに分けられますが、その説明は面倒くさいので割愛します。

             

            今回、紹介する「SQLite」は「ローカル型のSQLデータベース」です。

             

            SQLiteは幅広いプラットフォームに対応してるので、パソコンの他にスマホのデータ管理にもよく使われています。

             

            ではSQLiteのインストールをしましょう。

            以下のダウンロードページからインストールします。(Macの場合は大抵標準でインストールされてるのでしなくていい。)

            https://www.sqlite.org/download.html

             

            Windowsの場合は「Precompiled Binaries for Windows」の中からOSのbit数にあったものを選んでください。

             

            ダウンロードしたファイルはzip形式なので解凍してください。

            そのあと、「sqlite3.dll」というファイルをCドライブの「Windows」フォルダから「System32」というフォルダの中にコピーしてください。

             

            これでインストール完了です。

             

            では、SQLiteを使っていきましょうと言いたいところですが、コマンドを打ってデータを生成するのも面倒くさいので、ツールを使いましょう。

             

            DB Browser for SQLite」というフリーソフトをインストールします。

            http://sqlitebrowser.org/

             

            右にインストーラのボタンがありますが、OSにあったインストーラを選んでください。

            Windowsの場合、インストーラを起動したら、何もいじらず「次へ」や「同意する」、「インストール」をクリックしとけば問題ないです。

            Macの場合、ディスクイメージファイルなので、マウントしたらDB Browserのアプリケーションが表れるから、それをそのまま「Applications」というフォルダにぶち込めばOK。

             

            インストールが完了したら、起動しましょう。

             

            新しいデータベースを作る

            データベースを使うには、始めにデータベースファイルを作成します。

             

            左上の「New Database」というのをクリックすると、保存ダイアログが表れるので、使用するアプリケーションのフォルダに「"この中に好きな名前".sqlite3」という形式で保存してください。

             

            テーブルを作る

            「Database Structure」というタブの中にある「Create Table」をクリックすると,

            「Edit table definition」というウィンドウが表示されるので、その中の「Table」の中にはそのテーブルの名前を入力してください。(ユーザーデータの場合:users)

             

            新しいフィールドを作る

            「Add field」をクリックすると新しい項目が作成されます。

            「Name」の列にはフィールドの名前を入力、「Type」の列にはデータの型を選んで下さい。

             

            Typeより右側の列は「制約」を選びます。

            ここでは4つ紹介します。

             

            Notの列は「NOT NULL制約」を表し、格納する値にNULLは禁止としたい場合に使います。

            PKの列は「PRIMARY KEY制約」を表し、重複した値を格納することはできません。ただしNULLはOKという感じ。

            AIの列は「AUTO INCREMENT」を表し、自動的に連番の値(1,2,3,…)が格納していくのに使います。

            Uの列は「UNIQUE制約」を表し、他のデータで格納されてる値と同じ値は格納を禁止する場合に使います。

             

            例としては下のようになります。

             

            「OK」をクリックして完了します。

             

            レコードを追加する

            まだ、終わりではありません。レコード(データ)を追加しないと。

            「Browse Data」というタブでクリックして表示を切り替えます。

             

            「New Record」というボタンをクリックすると、未入力の状態のレコードが追加されるので、レコードの各フィールドに適当な値を入力してください。

             

             

            変更を保存する

            ここまでくれば保存するだけ。

            「Write Changes」というのをクリックすれば、今まで書いたデータが保存されます。

            あとは、アプリケーションを閉じても大丈夫です。

             

            以上で、データベースの構築ができました。

            以外と簡単でしょう?

             

            データベースを使って表示させるのはまた今度にします。

             

            わからないことがあったらコメントください。

             

            では(^_^)/~

            このエントリーをはてなブックマークに追加

            スポンサードリンク



            << | 3/13PAGES | >>